沖縄産コーヒーを自分の手で摘み取ろう!!」

やんばるの山の中、シダ植物など亜熱帯の植物に囲まれた「中山コーヒー園」。その場所はやんばるのジャングルに包まれた場所にあります。
11月から4月頃まではコーヒー収穫のシーズン。ここ沖縄の生産地でしか出来ないコーヒー収穫を体験してみませんか!

沖縄はコーヒーベルトの北限!!

コーヒーは栽培するのが意外にもデリケートで、赤道付近の温かいエリアでしか栽培できません。そのためにコーヒーの栽培地は赤道付近に偏っており、北緯25度から南緯25度のエリアのことを「コーヒーベルト」と呼んでいます。ここ沖縄はコーヒーベルトの北限。沖縄のコーヒー栽培の環境は他とはことなります。年間を通しての寒暖差、強い日差し、台風の潮風や冬の北風の影響で今までなかなか上手くいっていませんでした。しかし、この過酷な条件を乗り越え、露地栽培としては県内最大級のコーヒー農園の1つです。

中山コーヒー園

コーヒーチェリー

沖縄でしか味わえないコーヒーをいただきます!

体験メニュー(要予約)

農園トレッキング

費用:お1人様1,500円

農園内を散策。島ラッキョウやタンカン、シークァーサーなどの季節の果実の収穫(園内試食)や、やんばるの植物をご紹介。

タンカンの木

子供も一緒にタンカン狩り
収穫したタンカン

旬の食材百科(タンカン)

ジャングルコーヒー園トレッキング&焙煎体験【期間限定】

費用:お1人様5,000円

集合場所:農園近くの観光施設にて待ち合わせ
期間:11月から4月の収穫期間のみ
内容:収穫(コーヒー1杯分)と農園トレッキング、焙煎体験
所要時間:約3時間(①10:00~13:00、②14:00~17:00)

問い合わせ(要予約)2名様より

担当:岸本/09097810762(※農園見学希望とお申し出下さい。)
※お支払いは現金のみ(カード等は利用できません。)
※畑ですので靴や雨靴をご準備下さい。

コーヒー収穫体験

収穫量が少なく沖縄県産生豆は大変貴重で、県内でもなかなか飲むことが出来ません。新鮮なコーヒーチェリーを摘み取り、パーチメント(豆の周りの皮)を剥き、生豆にします。新鮮な生豆は薄緑色で、その豆を焙煎し飲むコーヒーは沖縄でしか楽しめない最高のひと時を提供することでしょう。

コーヒーチェリー(1杯分)


場所を移して焙煎体験

今回は本部町の緑に囲まれた「cafe gyutto」さんで焙煎体験
OPEN: 11:00 AM / CLOSE 5:00 PM 定休日:金曜日・土曜日 TEL: 090-1456-8343

焙煎準備完了
ローストしました

まずは、採れたてのコーヒーチェリーの皮をむいて、乾かし、ローストの準備。丁寧に焙煎していきます。

これからコーヒーを挽きます。
挽きたてのコーヒーのいい香り

手動でコーヒーを挽いていきます。ゴリゴリ感がワクワクします。

焙煎したてのコーヒーを淹れます
ドリップ中。ぷっくりと膨らんでいい香りがします

ゆっくりゆっくり丁寧にお湯を注いでいきます。

採れたて淹れたてのコーヒー
沖縄産コーヒー